ライフハック

格安SIMへの乗り換え手順と注意事項!

キャリアから格安SIMに乗り換えると、携帯代が大幅に安くなります!

ボクも格安SIMに乗り換えてからは2,000円代になっていますし、周囲の人も徐々に格安SIMに乗り換えています。

しかし、格安SIMにどうやって乗り換えたら良いかわからない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、キャリアから格安SIMに乗り換える手順や注意事項についてご紹介します!

格安SIMとは?

格安SIMは、小さいICカード「SIMカード」を使った低価格なインターネット・通話サービスのことを言います。

格安SIMを提供しているMVNO(BIGLOBEモバイル等)は、大手キャリアのネット回線や通話回線を借りて、格安SIMを提供しているため、低価格で提供することができています。

必要条件の確認

格安SIMに乗り換える前に、3つ条件について確認しておきましょう!

事前に確認しておくことで、スムーズに乗り換えができます!

【条件①】電話番号の必要性

格安SIMには、次の2つの種類があります。

  1. データ通信専用SIM
  2. データ通信 + 音声通話SIM

音声通話を使うかどうかによって、格安SIMの料金が変わってくるので、先に確認することをおすすめします。

LINEだけでしか通話をしないという人は、データ通信専用SIMだけで良いでしょう。

しかし、090や080の番号が必要という場合は、データ通信 + 音声通話SIM を選ぶと良いでしょう。

Amazon等のサービスでは、初回ログイン時に電話番号が必要な場合があるので、個人的には音声通話が付いているSIMを選ぶことをおすすめします。

【条件②】必要なデータ容量

格安SIMの料金が変わってくるポイントに、データ容量があります。

各社「3GB・5GB・7GB・10GB」などのプランがあり、契約の際に自分で選択することになります。

データ容量はスマホの使い方によって様々ですが、ほとんどの人が3GBで足りるケースが多いようです。

しかし、3GBでは足りないかも…と感じている人は、5GBや10GBを選択すると良いでしょう。

【条件③】何の機能を使うか

格安SIMには、カウントフリーが付いている場合があります。

たとえば、

  • BIGLOBEモバイル → Youtube や Spotifyなどが無制限
    ※ エンタメフリーオプションをつけた場合
  • LINEモバイル → LINE や TwitterなどのSNSの通信量が無制限

と、各社特徴のあるサービスを提供している点も、格安SIMのポイントです。

自分が普段、何の機能を使っているかを確認することで、自分に最適な格安SIMを選ぶことができます!

乗り換え前の注意事項

フリーアドレスを準備しよう!

au・Softbank・ドコモなどのキャリアから、格安SIMに切り替えるときに忘れずに準備したいものが、フリーアドレスです。

フリーアドレスとは、GmailYahoo!メールといったWEBブラウザ上で使用する無料のメールアドレスです。

格安SIMに乗り換えると、これまで使用できていたキャリアのアドレス(***@au.comなど)が使えなくなってしまいます。

そのため 格安SIMへの乗り換え前に、

  • フリーアドレスの取得
  • 登録中サービスのアドレスをフリーアドレスへ変更

をしておくと、スムーズに乗り換えることができます!

クレジットカードを準備しよう!

格安SIMの支払いは、クレジットカードを使用することがほとんどです。

一部の会社では、デビットカード払いや口座振替に対応していますが、数は少ないです。

それに、クレジットカードで支払いをすることでポイントも貯まるので、準備しておくと良いでしょう。

【手順①】SIMロックフリースマホの準備

次にSIMロックフリースマホを準備しましょう!

キャリアで購入した端末は、auならauのSIM、SoftbankならSoftbankのSIMしか使えないようなSIMロックがされています。

そのため、格安SIMをスマホで使うためには、SIMロックがされていないスマホ(SIMロックフリースマホ)を準備する必要があります。

キャリアのスマホでも、SIMロックを解除する事ができる端末もありますが、端末によってはロック解除できないこともあるので、その場合は新たに端末を準備しましょう。

Apple Storeで販売しているiPhoneは、SIMロックフリー端末なので、どのキャリアのSIMでも格安SIMでも使用することができます!

【手順②】MNP予約番号の取得

現在のスマホで使っている電話番号を格安SIMでも使いたい場合は、MNP予約番号を取得しましょう!

MNP予約番号は、

  • 各社キャリアのサイト
  • キャリアに電話をかける

ことで、取得することができます!

電話でMNP予約番号を取得する場合、引き止め等で20分以上時間がかかる可能性があるため、時間に余裕があるときにお電話することをおすすめします。

どのキャリアのMNP予約番号も、発行後有効期間が15日となっています。先に格安SIMを選んでから取得しましょう!

【手順③】家電量販店のカウンターで契約

SIMロックフリースマホMNP予約番号 の準備ができたら、あとは格安SIMの契約だけです!

格安SIMはなれるとネットで契約もスムーズにすることができます。

しかし、ネットでの手続きが不安な人や初めて格安SIMを契約する人は、家電量販店で手続きすることをおすすめします。

ITmedia より引用

ビックカメラなどの家電量販店では、格安SIM契約の専用カウンターのある店舗があります。

この専用カウンターでは、

  • 即日契約
  • 格安SIM利用におけるスマホの設定
  • 各社の格安SIMの比較
  • 自分にどのSIMがあっているか等の相談

など、初心者でも安心して格安SIMを使い始めることができます!

また、家電量販店で格安SIMを契約するとキャンペーンで、3,000円分のポイントが還元されることもあるので、行く前にチェックしてみるとよいでしょう!

まとめ:手順通りにやれば乗り換えは簡単!

今回は、格安SIMの乗り換え手順や注意事項についてご紹介しました。

格安SIMへの乗り換えは、手順通りにやれば誰でも簡単にできるので、興味のある人はぜひ試してみてください。

乗り換えの際に違約金が発生することもありますが、スマホ代が毎月2,000円程度となるので、違約金を払っても乗り換える価値は十分あると思います!

ご質問がありましたら、Twitter(@kuma_tech_)で話しかけていただければと思います!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

\ クリックで応援 /