ライフハック

引っ越しするときにやっておけばよかったこと

引っ越しとなるとやらなきゃいけないことがたくさんありますよね。

物件の契約、周囲の人への挨拶、役所の手続き等、あげ始めたらキリがない…

さらに、引っ越しに慣れていない人は、

男の子

引っ越しって何をすればいいのかな?

…と、思う人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ボクの体験をもとに引っ越しのときにやっておけばよかったことをご紹介します。

【その①】見積もりを比較しよう!

まずはじめに、見積もりの取り方についてです。

多くの方は、次のような流れで見積もりを取るのではないでしょうか。

一般的な見積もりの流れ
男の子

ネットで検索して、予約っと!

業者

ご予約ありがとうございます!60,000円になります。

男の子

わかりました!よろしくおねがいします!

…と、一般的には上のような流れで1社で予約する人が多いですよね。

でも実は、いきなり予約することはおすすめできません。

ボクのおすすめの方法は、複数社に見積もり(費用)を依頼してからの予約です!

ボクがおすすめする見積もりの流れ
男の子

引っ越しするので見積もりをください!

業者A

見積もりは、60,000円です!

業者B

見積もりは、50,000円です!

業者C

見積もりは、65,000円です!

男の子

わかりました!業者Bさんお願いします!

…上記の流れでは、なぜこんなに見積もりに差があるのでしょうか。

それは、引っ越し業者によって、サービス内容や料金表が異なることが大きな理由です。

業者によって料金表が違うので10,000円差があるなんてことも、多々あります。

10,000円あれば新しいインテリアの足しにもなりますよね。

見積もりは業者に無料で依頼できるので、サービス内容や見積もりを比較して、自分にぴったりな業者を選びましょう!

【その②】ネット回線を申し込もう!

生活に必要なインフラは、電気・ガス・水道、そしてインターネット

スマホでもネットは使えますがギガがかかるので、家ではWi-Fiを使ってる人がほとんどなのではないでしょうか。

引っ越しするとなると、ネット回線を開通することになるのですが、早めに申し込むことをおすすめします!

家でネットを使うまでには、以下の4ステップが必要です。

ネットを使うまでのステップ!
  1. 業者を選ぶ
  2. 申し込む
  3. 開通工事をしてもらう
  4. ネットを使えるようになる!

ボクが早めに申し込むことを勧める理由は、「③開通工事をしてもらう」に時間がかかるためです。

引っ越しが集中する3月には、開通工事を予約が1ヶ月先となることもあるのです!

1ヶ月も待てない人は、物件が決まったら先に開通工事の予約をしたり、ネットが無料で使える物件を選ぶと良いでしょう!

入居前の工事手配は、物件によってはできないこともあるので、不動産会社に確認してみましょう。

もし、工事が待てない人は工事不要型のサービスもあるのでご検討ください。

  • SoftBank Air … 置くだけでネットに繋がります。30,000円キャッシュバックキャンペーンも実施中!
  • クラウドWi-Fi … ポケットWi-Fi型のサービスなので持ち運びも可能な上、海外でも使える。
  • DTI WiMAX 2+ … 端末代が0円!キャッシュバックやレジャー施設の優待などのサービスが豊富。

【その③】不用品を処分しよう!

引っ越しの荷造りをするときって、何を持っていこうか悩みますよね。

引っ越しは良い機会なので、着なくなった服や使わなくなった物を、おもいきって手放してみましょう!

引っ越しにあまり慣れていない頃のボクは、あまり着ないような服も引越し先に持っていってました。

でも、1年くらい経ってやっぱり着てないということに気づいたんですよね。

なので、引っ越すタイミングであまり着てない服は、メルカリやヤフオクなどで売ってしまうことをおすすめします!

不用品を売ると2つのメリットがあります!

  • 売上金が引越し代の足しになる
  • 荷物が減り引越し代が安くなる

ちなみにボクは、1年着なかったらメルカリに出品する!とルールを決めてます!

不用品をダンボールに入れるだけで買い取ってくれる業者もあるので、メルカリの売れ待ち時間がない人はご検討ください。

  • ブックオフオンライン … 不要な古本・CD・DVD・ゲームを買い取ってもらえます。集荷、送料・手数料は0円!
  • おたから鑑定団 … 古着やブランド品など幅広いジャンルの品を買い取ってもらえます。キャンセル送料も0円!

【その④】新居内を撮影しよう!

引っ越しと同時に荷物を部屋に運ぶ人が多いと思いますが、少し待ってください!

引っ越したら、はじめに新居内を撮影しましょう!

男の子

どうして新居の撮影をするの?

普通は荷物をすぐに運び入れると思いますが、新居内の撮影をしておくと良い理由は2つあります!

【理由その①】掃除ができているか確認するため

入居先の物件の契約金の中に「清掃代」が含まれていることがあります。

この清掃代は、入居前に部屋をきれいに清掃してもらうための費用ですが、掃除をテキトーに終わらせる業者もいます。

時間が経ってから汚れを発見しても、再度清掃してもらうことは難しいので、入居後に撮影をして汚れていないか確認してみましょう!

【理由その②】退去時の費用をおさえるため

退去時の費用は、家賃と比べて高額になることがあります!

退去時費用が高額になるパターン次の2つのいずれかです。

  1. 不動産会社が不当に高額請求しているパターン
  2. 前入居者の傷の補修費を請求されるパターン

新居内の部屋の写真を取る理由は、自分が入居したときからあった傷を明確にして退去時費用をおさえるためです!

不当に退去時費用を高額請求された場合は、国交省のガイドラインに従っているか確認しましょう!

【その⑤】荷造りを少し工夫しよう!

引っ越し後に楽をするためには、荷造りを工夫しましょう!

引っ越しのときのあるあるですが、ハサミ・カッターをどのダンボールに入れたかわからなくなり、困ってしまうんですよね。

そうならないためにも、どのダンボールに何を入れたかわかるように工夫することをおすすめします!

たとえば

  • ダンボールに番号をふる + リストをつくる
  • 初日に必要なものがはいってる箱のガムテの色を変える

…と、いった工夫をすることで、スムーズにダンボールを開封することができます!

おすすめグッズ:ダンちゃん

ボクが引っ越しのときに買ってよかったと思ったものが「ダンちゃん」です。

ダンちゃんを使うと、自分が思ってる以上に軽い力でダンボールが切れます

ボクは先輩にすすめられて買いましたが、これは買って正解でした!

今でもダンボール開封やゴミ捨ての時に大活躍してくれてます。

引っ越しでもダンボールのゴミがたくさん出るので、1本あると良いと思います。

まとめ:工夫すると引っ越しが楽になります!

今回は引っ越しのときにやっておけばよかったことをご紹介させていただきました。

引っ越しはバタバタしてしまうことが多いですが、早めに準備をすることでスムーズに引っ越すことができます!

「私はこんなことしてるよ」っておすすめなどありましたら、Twitter(@kuma_tech_)で教えていただけると嬉しいです!

最後まで読んで頂きありがとうございました!