ガジェット

【レビュー】Fire TV Stick 4K は最強コスパ!

こんにちはコウスケです。

これまでボクが家でYoutubeやNetflixを観る際は、テレビに入っているアプリを使って観ていました。

しかし、最近になってテレビのアプリが落ちてしまうことが多くなってきたので、思い切って気になっていたFire TV Stick 4Kを購入してみました!

今回は、Fire TV Stick 4Kを使ってみた感想についてご紹介します。

結論から言うと…ほんとに買ってよかった!

Fire TV Stick 4Kについて

Fire TV Stick 4Kは、Fire TV Stickの第3世代で初めてAlexaに対応したモデルです!

これまで購入する必要はないかなと思ってましたが、使ってみると早く買えばよかったと思うレベルで快適です。

商品概要
  • 価格:6,980円
  • 映像:4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+
  • HDR-10対応:あり
  • プロセッサ:あり
  • ストレージ:8GB
  • 発売時期:2018年12月

このモデルから、リモコンにテレビの電源ボタンやボリュームボタン、ミュートボタンが搭載されたので、音量操作もこのリモコンだけで可能です。

テレビのリモコンに持ち替えなくなるだけですが、配信コンテンツによって音量が異なるので、意外にこのボリュームボタンが活躍してくれます

おすすめポイント

では、続いてFire TV Stick 4Kのおすすめポイントを5つご紹介します!

その1 動作がサクサク!

以前使っていたApple TVは似たような機能が搭載されているのですが、動作が確確していました。

なので、Fire TV Stick 4K を買う前も、カクカクするんだろうなぁと思っていました。

…が、実際には驚くほどサクサクでびっくりしています!

Fire TV Stick 4Kのホーム画面

上のホーム画面から「Youtube」を選択し、Youtubeの起動は、控えめに言って一瞬です!

動作は高性能なPS4よりも早く、初見はいい意味でびっくりすると思います!

Youtubeは、AmazonとGoogleのいざこざにより、現状Fire TV Stick内のブラウザ経由で操作することになりますが、操作感はアプリと全く同じです。

その2 音声検索がとっても便利!

今回のFire TV Stickの付属リモコンには、Alexaボタンがついています。

どのアプリを起動しているときでも、Alexaボタンを長押しして話しかけることができます!

話しかけ方のコツとしては、「Netflixでウォーキングデッドを再生して」や「天気を教えて」など、具体的に伝えるとしっかりと動きます。

スマートスピーカーと違いボタン長押しで起動するので、操作するたびに「アレクサ」と話しかけなくて良いところもポイントです!

その3 アプリが充実している!

今回はじめてFire TV Stickを購入して知ったことが、この対応アプリの多さです。

ボクは「4Kテレビで気軽にYoutubeやNetflixをみたいな」くらいの気持ちで購入したのですが、アプリストアを見てみると数多くのアプリが対応していて、またびっくりしてしました!

なかでも、「TVerアプリ」が配信されていたので、購入してからまだ3周間しか経っていませんが、テレビの録画機能はあまり使わなくなりました

また、「AbemaTV」も配信されているので、スキマ時間に地上波の番組を観ることも減り、AbemaTVでニュースや昔のアニメなどを流すことが増えました。

その4 やっぱり4Kはキレイ!

Fire TV Stick 4Kというくらいなので、もちろん4K映像に対応しています!

4K Ultra HDコンテンツを最大60fpsまで対応しているので、YoutubeやNetflixの4Kコンテンツの美しい映像をなめらかに再生してくれます。

個人的には、映像がキレイなだけでも購入してよかったと思うレベルです!

4K映像を観るためには、4Kに対応したテレビやモニターが必須となります。ご購入の際はご注意ください。

その5 AirPlay最高!

まさかFire TV Stickで使えると思っていなかった機能が「AirPlay」です。

AirPlayは、iTunesやiPhone、iPod touch、iPadで再生している音楽や動画、画像を、家庭内のネットワークを経由して他の機器でストリーミング再生する機能である。

AirPlay│wikipediaより引用

AppleTVを使っていたときは、AirPlayでiPhoneの画面をテレビに飛ばしていました。

AirPlayはApple製品にしかない搭載されていない機能と思っていたので、まさかFireTV Stickで使えるとは思いませんでした。

ボクはこのアプリを使用して、アプリで対応していないNewsPicksの動画コンテンツをテレビに飛ばして大画面で楽しんでいます!

アプリは有料となってしまいますが、300円くらいなので気になる方はぜひお試しください!

AirReceiver

気になるポイント

全体的には満足でしているのですが、唯一気になるポイントは「文字入力」です。

Spotifyの検索画面でAlexaボタンを長押ししている様子

アプリ内での検索を行う際、文字入力のかわりにAlexaに話しかけて文字入力できると良いのですが、この機能は実装されていないようです…

Netflixの場合「Netflixで〇〇を再生して」と伝えると再生が始まりますが、Spotifyの場合は「プレミアムプランに加入してください〜」と回答があり、起動や検索ができません。

もしかするとSpotifyの仕様なだけかもしれませんが今後改善されると嬉しいです。

まとめ

今回は、Fire TV Stick 4Kをご紹介させていただきました。

以前のボクのようにテレビのアプリでYoutubeを観ている人にも、Fire TV Stick 4Kは是非試してほしいと思います。きっと快適さにおどろきます!

Primeビデオにも最近では人気作品が続々と追加されていたり、6,000以上のアプリがあったりと、ほかの製品と比べて十分魅力的だと思います。

ご質問がありましたら、Twitter(@kuma_tech_)で話しかけていただければと思います!

最後まで読んで頂きありがとうございました!